納骨堂に関する情報が満載!

納骨堂は利用する方法によって価格が変わる

納骨堂は利用する方法によって価格が変わる できる限り費用を抑えるならば納骨堂を利用する方法があります。
しかし、あれもこれもと依頼してしまうと価格が高くなってしまいます。
価格は納骨堂によって違いますので、一箇所だけではなく様々なところを見てから決めても遅いことはありません。
一人用だけではなく家族用など様々な方法で供養してもらえますので、必要に応じて選ぶことが大切です。
具体的な価格を知りたいのであれば、利用したい納骨堂に相談してみるとよいです。
供養の仕方も違いますので、できるならば生前のうちに探しておくことです。
予約できるところも増えていますので、話を聞いてみることから始めていけば何が必要なのかわかります。
永代供養をしてくれる納骨堂も多く、現在の家庭環境にあった方法として利用する人が増えています。
価格が安いというメリットはありますが、必要な方法があるかどうかをしっかりと確認しておくことです。
供養の形も変わりつつありますので、前もってしっかりと準備しておけば問題ありません。

納骨堂の管理費とメリット

現代社会は少子化、核家族化でお墓に遺骨を埋葬する以外の新しいお墓のスタイルが考えられています。
納骨堂は、建物の中に遺骨を納めるスタイルです。
納骨堂の管理費は安い場合は5万円から高いところで10万円位です。
戒名がついて、供養してもらう場合は管理費として50万円ほどかかります。
通常のお墓と同様に、管理費を支払い続ける限り永代使用できます。
預かり期間や形態、管理供養方法は施設によってさまざまです。
納骨堂の具体的な内容を調べて購入することが大切です。
納骨堂のメリットは継承者がいない場合でも簡単に申込みができ、また生前でも申し込みができる点です。
子どもや親戚にお墓のことで、迷惑をかけたくない人にとっては負担や心配がいりません。
永続的に管理と供養を受けることができます。
一般的なお墓と違い、跡継ぎがいなくても購入でき、価格もお墓より安い点などが理由で人気がでています。
宗旨、宗派を問わない施設も多くなっています。

新着情報

◎2017/9/7

納骨堂を平日に利用するメリット
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

「墓 管理」
に関連するツイート
Twitter

の掃除してたら知らん人たちが来て遠い親族だったらしいんだけど、集まりの時にもまっったく顔を見たことがない上、この管理して来てるのうちだけなんだろうなーと思ってたら「いつもくる時綺麗にしてあるから誰がやってるのかと思ってた」と言ってて、

RT @debut_printemps: 信心離れいうが、檀家費用と管理費やら戒名料やら卒塔婆料にお布施やらばっかりやん。それやったら拝観料取るような有名なお寺は、その求心力でたくさんの人を集めて国がやらへん追悼集会や記帳のため開放するとか、逆に特別拝観料をとって被害にあわ…

親父「将来お管理しやすい場所に移してもええんやで」って話しの後に、お母さんから呼ばれて「昔お父さんがお移した時は親戚沢山なくなったから無闇に動かさないで」って言われて、想像以上に闇の深さを感じています

Twitter菌之助(饅頭)@aokinrori

返信 リツイート 0:00

返信先:@rockabilly33591 ビーチ右側はサンゴ園などが 珊瑚の養殖で管理されてますが そのビーチのもう一つ隣のビーチがオススメです! おなどが道沿いに並んでるビーチなのですが、夏場はフエフキ系が釣れますよ!

ちょっとテヒョンが尊すぎてお作ってくる それよりもマスタニムから表情管理のできてない🐰が提供されましたが 高画質 仕事早すぎ pic.twitter.com/61ehetXDtq

Twitter° .* チ ル*. °大型ソンムルキカク@Chiru_Neptune

返信 リツイート 昨日 22:41

ビフロンスさんの定期的なお管理を手伝ってほしいと頼まれたものの、ソロモンが忙しかったため近くで手の空いていたフォルネウスが抜擢される回 #不穏

返信先:@Fukadamoe 霊園の契約も同様ですね。管理料が振り込まれないと地の権利が消失します。将来管理に不安がある方の仕舞いが増えています。

返信先:@hpimkrr15 安倍さんの遺骨は山口の自宅のおに入れたら間違いなく荒らされます。だから遺体なり遺骨は国で管理すると思いますよ。

桜の下には××シナリオ、 PC1→参り中に情の比良坂 PC2→守。荒らし許さない PC3→斜歯。研究してたブツ取られた PC4→旧校舎管理委員会推奨 PC5→隠忍。妖魔おばさんとの邂逅 ざっくりこんな感じになりそう

Twitter土おいしい くり@gnkr_55

返信 リツイート 昨日 19:53

返信先:@nakatasisyoten 祖父のおは西仁川の共同地(祖父の故郷の避難民団体が管理してました)にありましたが、都市開発で補償を貰って母の別荘がある江華へ移しました。 補償金の入った封筒を見ながら「父ちゃんからの最後のお小遣いなのね」と泣いてたのを思い出します。

Twitter梨盛壽@落語青年・浪曲初心者@seongsumanse

返信 リツイート 昨日 19:46