納骨堂に関する情報が満載!

納骨堂のメリット

納骨堂のメリット 近年では自分の死後、葬儀やお墓について考える方も増えてきています。
遺された家族に迷惑をかけたくない、死後も自分の望むように供養してほしいなど思いはさまざまだと思います。
それに伴い、お墓の在り方などもいろいろなものがあります。
その中の一つに納骨堂というものがあります。
納骨堂とは納骨された遺骨を置いておく建物のことです。
建物の中に墓石を置くところもあれば、ロッカー式のところなどこれもまた種類があります。
生前に購入することができるので、自分で準備できるという安心感もあります。
宗旨や宗派などの宗教的な制約もなく利用することができるのも良い点です。
また、納骨費・管理費が比較的低く設定されていることが多いので遺された家族も安心です。
その上、​利便性のよい場所に建てられていることが多く、お参りがしやすいというのも嬉しいところです。
​実際にお墓参りに行くと天気によっては大変なこともあり、草の除去や掃除などもあり管理もなかなか大変です。
しかし、納骨堂なら​屋内のため、いつでも快適にお参りでき管理もしやすいです。
亡くなってしまってからも、お墓に足を運んでもらえる方が嬉しいものです。
​そして、承継者がいなくなってしまった場合にも永代供養をしてもらうことが可能なところもあるので、そういった点でも安心なのです。

納骨堂を選ぶときの比較のポイント

お墓は費用が掛かる、場所が遠いと考えて、納骨はお墓ではなく、納骨堂の方が便利だと考えいる人も多くなってきています。
納骨堂も数が増えてきていますので、納得したところを選ぶには、きちんと比較する事が重要です。
比較するポイントとして、最も重要なのが立地場所です。
通いやすい場所にあるかどうかを実際に行って確かめる事が大事です。
次に大事になるのが、参拝方式です。
お参りの際に直接参拝できるかどうかを確かめておく事が必要です。
直接参拝できるとなっていても、限られた回数、限られた期間しか出来ない場合もあるので注意が必要です。
自分たちがどういう参拝をしたいのかも同時に考える事が重要です。
また、管理の年数、費用がどうなっているのかも大事なポイントです。
永代供養と言っても、期間が限られているところもあります。
期限が終了した後にどうなるのか、管理費用がどうなっているのかもきちんと確かめるのか必要です。
更に、引越しが可能かどうかも確かめておいた方が良いポイントです。
将来的に事情が変わった場合などに、遺骨がきちんと返却されるのかどうかも確かめておく事が必要です。
自分たちがどういうお参りをしたいかをきちんと考えてから比較して選ぶことが納骨堂を選択する時には重要です。

お墓関連情報

静かに故人と対話できる場所が用意されています。

納骨堂

新着情報

◎2017/9/7

納骨堂を平日に利用するメリット
の情報を更新しました。

◎2017/8/1

サイトを公開しました

「葬儀」
に関連するツイート
Twitter

ヴィンセント:夜中葬儀屋にベッドから蹴り落とされ、時間も4時を回ってたからこのまま起きていようかと思っていたら、寝ぼけた葬儀屋が「あれ、はくしゃく、どこぉ……」と言ってベッドの上を転がっていた。「ここだよ」と返すと「えへへ」と笑ってまた寝た。なんだこの可愛い生き物

Twitterヴィン葬コピペbot@V_U_bot

返信 リツイート 34秒前

RT @NatsukiYasuda: クライストチャーチでの銃乱射事件で、アーダーン首相は犠牲者の葬儀費用と、家族を失ったことによって収入が途絶えてしまう遺族に対する支援を、在留資格に関わらず実施すると表明。 cbsnews.com/news/new-zeala…

有吉弘行@ariyoshihiroiki良さそうなスーパー銭湯があるな〜と近づいてみると葬儀場だった、というパターンが今週二回。

Twitter今の芸能界どうなってんじゃい!!@torendmatooome

返信 リツイート 1分前

RT @express_shinano: 冠婚葬祭のマナーを調べれば調べるほど日本国民は虚無に翻弄されているなと思う 葬式に「80デニールのタイツは非常識!60デニールなら許してもらえるかもしれませんが…」ってなんだ 葬儀場にはデニール警察でもいるのか

Twitter二度死ぬあかり@mashiromakoto

返信 リツイート 3分前

RT @express_shinano: 冠婚葬祭のマナーを調べれば調べるほど日本国民は虚無に翻弄されているなと思う 葬式に「80デニールのタイツは非常識!60デニールなら許してもらえるかもしれませんが…」ってなんだ 葬儀場にはデニール警察でもいるのか

叔父さんが死んだ時、よくわからなかった。葬儀の時も涙は出たけどそんなに悲しくなくて、それから二週間くらい経って、叔父さんの家に行った時に、あ、この家にはもう誰も住んでないんだって思った。 多分その時初めてちゃんと泣いた。 本当の感情は後から着いて来るもの。20111206

私の名前はオペラです。ブランゴーシュで葬儀屋として実習生をしています、どうぞよろしく。

RT @mayumi_dunedin: 事件からNZ政府の対応の速さに驚くことがたくさん。 ・銃に関する法律を変更すると発表 ・葬儀費用、治療費の負担 ・被害者や家族が受けられる援助の情報を5ヶ国語に翻訳、配布 ・各家族に警察官の連絡係配置 ・被害者家族専用の問い合わせ24時…

RT @NatsukiYasuda: クライストチャーチでの銃乱射事件で、アーダーン首相は犠牲者の葬儀費用と、家族を失ったことによって収入が途絶えてしまう遺族に対する支援を、在留資格に関わらず実施すると表明。 cbsnews.com/news/new-zeala…

スターリンの葬儀が終わるとクレムリンに電話がかかったきた。 「もしもし、あなた方に党書記長がお入り用じゃないでしょうか?」 「何を言ってるんだ。あなた馬鹿じゃないか?」 「そこなんです!馬鹿で、老人で、病人ときてるんですよ」

Twitter悪堕ちスターリンbot@bot_stnk

返信 リツイート 11分前